EndPaper

本に触れる。
その小さなきっかけを届ける
ウェブマガジン。

2016-10-11

「バリューブックスアルバイト日乗」はじめました。

こんにちは!

バリューブックスでアルバイトをさせてもらっている、新人の大野です。

 

2016年7月からバリューブックスで倉庫のアルバイトを始めたのですが、ひょんなことから「アルバイトをしながらバリューブックスブログを書いてもいいよ」というお許しを頂きました。

 

タイトルは、

「バリューブックスアルバイト日乗」

です。

バリューブックス上田原倉庫

 

始まりましたね!いやー嬉しい!

これから1週間に1本くらいのペースで更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

「バリューブックスアルバイト日乗」を書く目的

ぼくがブログを書く目的は、ズバリ「バリューブックスを裸にする」ためです。

あ、正直に言うと「裸」まではいかなくてもいいんですが ……笑

「顔」が見えるようにしたいと思っています。

 

それはなぜかと言うと、

個人的に、働く前から1ユーザーとしてバリューブックスを利用していました。

古本を購入したことも、持っている古本を買取してもらった経験もあります。

 

その経験から率直に申し上げますと、インターネット上でのやり取りでは、相手がどんな「顔」をしているのか全くわからなかったんですね。

 

翻って、自分がバリューブックスで働く立場になってみると……

お客様からは「インターネット上に無数にある古本屋のうちの1つ」としか認識されていないかもしれない、というふうに感じます。

 

そんなわけで、

 

インターネットで古本の販売や買取をしている会社って、どんなふうに仕事しているの?

 

という、かつての自分自身の素朴な疑問に自ら答えていくブログがあったら、バリューブックスの「顔」を少しだけでも認識してもらえるんじゃないか?

 

と思ったからなんです。

 

このブログを読んでくださる方々とほぼ同じ視点を持っているフレッシュな状態で、どんどん書いていきますので楽しみにしていてくださいね。

 

また、バリューブックスのことで、わからないことや聞きたいことなど出てきたら、FBページのコメント欄にどんどん書き込みしてください。

バリューブックス valuebooks 古本で社会を変える会社 フェイスブックページ

 

「あなたの疑問はぼくの疑問」という気持ちで、できる範囲で調べてお伝えしていくつもりです!

 

それでは、今後ともよろしくお願い致します。

posted by 大野 晃義

2016年7月、バリューブックスにアルバイトとして入社。
倉庫作業からはじまり、ブログ・メルマガ担当、買取寄付チームのサポートを経て、過去2度の転職経験を活かして倉庫の人事担当として評価制度づくりに携わり。バリューブックスで働きながら、個人事業を営みながら、飲食店でアルバイトしながら。本業・複業・ダブルワーク・独立起業。バリューブックスの仲間と一緒に「自分にぴったりの働き方」を探求し発見していきます。
---
最近ハマっていること:
バターコーヒー,市販のルウを使わないスパイスカレーづくり

BACK NUMBERCLICK FOR ALL